網膜剥離で3度手術し2年後くも膜下出血で倒れそれでも生還した社長日記です。

menu

くも膜下出血から生還した社長日記

ボクサー物語、凶暴な先輩との出会い

ボクサー物語

ボクサー物語、凶暴な先輩との出会い


私の入社した会社は
上場企業、
同期新人入社数100人以上。 

会社敷地内に独身寮数塔、
部署もたくさんあった(笑)
(同じ会社で働いていても
知らない人が多い。)

冷静に周りが見えなくなった私は
次の日、会社を辞めたい申を
S上司に告げた。 

仕事で期待していたS上司には
止められ、 親にさんざん文句を
言われたが自分の意思を押し通した。
(今、私も二児の父になり、
その時の、親の気持ちは
よく解るが、その時は
知る由もなかった)

辞める事を告げたS上司とは
こんな経緯があり可愛がられていた。 

当時、私は会社の独身寮に
住んでいた。

独身寮での生活は体育会系の
ような上下関係があり、
厳しいと同期の仲間に聞いていた。
(研修中も空手道場に通い、
帰りはいつも深夜1時を
過ぎていた私は知らなかった。)

結婚後、身も心も丸くなった
S上司は、私の入社時は、
 独身寮のトップ(一番怖い人)
であった。 

このS上司とは会社に
入社して2ヵ月後、
新人研修を終え
配属された先で出会った。 

同期の仲間達の噂から
凄い怖い人と聞いていたので、
何で仕事先が一緒になるんだ!
と思った。
(同期の仲間はそんな私との
対立をみんな楽しみにしていた)

私から見た第一印象は
体が大きく見た目が
凶暴そうに見えた。
 
噂ではお酒を飲むと
凶暴で「やくざもの」
と揉めたことが・・・
と聞いていた。

極真空手に通っている。
と私の噂を聞いている
「凶暴なS上司」

当時は昇格前なので
「S先輩」と私は、
配属先で一緒に仕事をはじめた、
みんなの期待に答え、
案の定、私に絡んできた。
 
仕事時間以外あまり
会社の敷地内にいない
私に仕事以外のことで
苦言を言いからんで
きたのである。

お互い社会人としての
モラルは“少し”あった。 

睨み付けられたが
殴ることはされなかった。
(ちなみに仕事内容は
新プロジェクト先に配属され、
日本初(大きさ)のLSIの製造、
営業マンならありえないね。)

そんな数日後、同じ部署で
新人歓迎会があった。

凶暴なS先輩は仕事に対しては
真面目、女性にやさしく、
後輩には親分肌的な人情男であった。

酔った勢いでの「伝説」が
多数あり後輩連中を脅かしていた。
 
そんなS先輩とお酒の席で
ご一緒する。

みんなびびった。

私は当時の極真空手本部道場の
黒帯と向かい会う方が断然、
怖かった。

宴が進むに連れS先輩は
酔っていった。

同期の新人達(私含む)は
先輩達にお酌をしてまわった。
 
綺麗な女性の先輩の所に
お酌に行くのはいいが、
私はS先輩の所に呼ばれた(涙)

私は座らされ、お酒の飲めなかった
私にカルピスサワーをすすめた。 

からまれるかと思っていた私は、
いやだなぁ~綺麗な先輩の所に
行きたいと正直思っていた。

綺麗な女性の先輩の所に行っている
同期のSにオレと代われと念じた。

私の念じはむなしく通じなかったが、
酒癖の悪い凶暴なS先輩の
新たな側面をみる事ができた。

S先輩は極真空手のことを
よく知っており
「おまえ凄いなぁ、がんばれよ」
と酔っ払って何度も語ってきた。
 
会社では見たことのない
S先輩であった。

2次会3次会・・・と進み
最後まで残っていたのは
私と同期のSとS先輩の
3人であった。 

また飲みに行こうなぁ
と言って別れたそうだが、
飲めないお酒をたくさん
飲んだ私に記憶がなかった。

次の日、私は泣き上戸
であると言われ、
S先輩にからかわれた。
(同期Sに聞くと、
連れて行かれたS先輩の
よく行くスナックで、
私を励まし、それに対し
私が泣いていたと言う、
凶暴と評判のS先輩との
距離が縮まった瞬間である)  

前を読む   次を読む

昔の会社の宴会


昔は会社の宴会といえば、
新人はお酌。

今ではあまり無いかも知れませんね。

社員旅行のある会社も少ないし、
新人の時はイヤでしたね。

時代が変化していますね。

スポンサードリンク




関連記事

自叙伝「起業物語」

1、道なき道
2、井の中の蛙
3、恵まれた会社を辞める条件
4、はじめの一歩
5、見た目は同じ、中身は異質
6、揺れに揺れた一ヶ月間
7、時間の経過は早い
8、恐怖との葛藤
9、小心者の自己との向き合い
10、好き好き波動
11、好き好き!トロ、カルビ、格闘技
12、善は急げ!
13、一歩前進
14、新たな課題
15、意識改革
16、羽根のない鳥
17、スリルを求めしたことは?
18、興味がない!ことに好きが埋もれている
19、初心忘れるべからず
20、絵空事?
21、時代に逆行?求められるものは?
22、憧れってなに?
23、幼虫からさなぎへ
24、着眼点の違い
25、出来ない理由を箇条書きする
26、魚はいる所で釣ろう!
27、今までの常識って何?
28、濃縮された汗
29、社会貢献って?
30、解き明かされていく全体像
31、不自由人な私
32、喜ぶ顔が浮かぶか?
33、利益なきビジネスは無能なり
34、またまた営業
35、サイフの紐がゆるむ瞬間
36、想定内は怖くない
37、自らつかんだ人脈
38、未熟なやわらかい頭を使う
39、アウトプット前提でインプットをたくさんする
40、自分の嫌を排除
41、嫌を箇条書き
42、「嫌」を出した次は?
43、度胸と場数がもたらす結果
44、決意の言葉
45、不気味から不安
46、スロータイム
47、血が騒ぐ
48、寂しがりやな弱虫
49、物に恐れない氣
50、未知の世界
51、実際に触れて感じる
52、焦点は未来の生活
53、人は人、自分は自分
54、さまよう羊、方向はどっち?
55、水のごとく
56、怖いとは?
57、怖いとは知らないこと
58、心構え
59、新たな仲間
60、ラポール
61、目覚めよ!もう一人の自分
62、初めてのテレアポ
63、灯りを目指せ!
64、力をセーブ!?
65、達成癖
66、焦点をもっと上に!
67、たかが2時間120分であり7200秒
68、創った道を歩く
69、潜在的ニーズは多くの人にある!
70、氣の交換
71、セールスバックの重み
72、決裁者は誰?
73、望む姿
74、自己中
75、意味ある前進
76、思考
77、どうやって登ろうかな?
78、エベレストを走る?
79、深呼吸!深呼吸!
80、電話の向こうに笑顔
81、初飛び込みは
82、勘違いは凄い力
83、場数をこなすが近道
84、それください
85、意味に気付かなければ
86、後ずさり
87、売り上げゼロ
88、自信を持って根拠を伝える
89、反省→改善→実践
90、無の境地?
91、やっとできた思考の転換
92、時間で解決できることは多い
93、出た杭の先は鉄板?とうふ?
94、すべて想定内
95、テレアポ進化
96、見えたぞ!
97、人生の転機、幸運は右か左かどっちだろう?
98、がまんの涙
99、10年先・20年先
100、次なる手
101、講師になってやろう!
102、採用してくれ!
103、東京開催!?
104、場所は品川
105、出てきたか?マイナス思考!
106、大きなカテゴリー
107、物事は楽観的に!
108、いよいよ開催
109、絶妙のタイミング!
110、海の物?山の物?
111、いけるだろう!
112、氣になる人
113、素敵な武人
114、自分自身の経験って?
115、純真な目!
116、にぎやかか?ストイックか?
117、メリットを30秒で!
118、強みとは!
119、どうすれば資本なしで勝てる?
120、間の取り合い
121、カラダを動かしながら
122、成功の影って?
123、ありがたい言霊
124、ゼロからイチ
125、元氣な店長の声
126、小さなラポール!
127、寄りつかない原因
128、自分都合
129、カラダと相談
130、重大な危機
131、目を背けないで
132、楽観的に!
133、経営の才能があればねぇ
134、練習はいくら行っても練習
135、過去の経験は宝
136、思考がおりなす事象
137、えっ!9割も
138、もう辞めてもいいや
139、日本から消えた
140、今の時代、今の日本が好き
141、カラダはここに!思考はどこへ?
142、安いには安いなりの訳がある
143、消費者の目線と経営者の目線
144、「限定」という言葉に弱い
145、朝の4 時に頭からけむりモクモク
146、不安は100%消せない
147、ぶつけちゃうよ~
148、一回位はしょうがない
149、実戦を想定
150、生涯忘れない
151、タクシーとトラック
152、まるい建物を右
153、慣れればアイスクリーム
154、やる気充填中