網膜剥離で3度手術し2年後くも膜下出血で倒れそれでも生還した社長日記です。

menu

くも膜下出血から生還した社長日記

TAG体験記

くも膜下出血の前兆チェック、体験記

くも膜下出血の前兆チェック、体験記

くも膜下出血の前兆チェック、体験記 くも膜下出血になった時、 前兆はありましたか? と良く聞かれます。 いろいろな前兆があると思います。 表現の仕方も 難しいと思います。 これは私の場合です。 私の場…

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術体験記4

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術体験記4 2015年2月12日(日曜日) 手術後6日目です。 朝の消毒が終わった。 点滴も本数が減ってきているので、 より暇だ。 人生を見直すには良い時間だが、 仕事出来ない期…

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術体験記3

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術体験記3 2015年2月10日(火曜日) 朝一、CTの検査でした。 その後、先生の消毒を受け、 本日は点滴のみ。 後は点滴の針刺しとの戦いだ。 歩けそうだけど移動は まだ車椅子…

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術体験記2

未破裂脳動脈瘤クリッピング手術体験記2 2015年2月9日(月曜日) カテーテルが終わり部屋に 一旦戻されると妻がいた。 妻には本当に感謝です。 9時から開頭手術なので30分以上 待機であった。 最高の先生なの…

未破裂脳動脈瘤、クリッピング手術入院初日

2015年2月7日(土曜日) 14時に病院に入りました。 今日は何もないだろうと思っていたら、 造影剤投入のCT検査、胸部レントゲン、 心電図、エコー、採血、採尿と沢山あった。 血管が細く採血者泣かせの私の腕はまた、 …

くも膜下出血からの生還体験記11

10月14日(火曜日) 朝、先生方の回診があり、 状態の良い私を見て、 退院できる事を認めた。 即、退院を希望の私は本日退院を したい!と言った。 本日でも大丈夫ということで、 急遽、退院が決まった。 …

くも膜下出血からの生還体験記10

10月7日(火曜日) 点滴が多くてまいっている。 写真の腕は入院中の私の腕です。 腕が紫色に変色しているの わかりますか? 早く外れないかなぁ。 10月8日(水曜日) 金曜日まで点滴がある。 その…

くも膜下出血からの生還体験記9

10月3日(金曜日) いよいよカテーテル手術の日が来た。 2番目なのでお昼ごろということである。 何の根拠があるのか判らないが 看護師さんから1時間位早くなるかも 知れないと言われた。 きっと過去の経験からでしょ…

くも膜下出血からの生還体験記8

9月27(土曜日) リハビリの先生たちのお蔭で 大分、歩けるようになった。 10月3日にカテーテル手術が決まった。 早く行いたい! 点滴がないので、 3食後薬飲んで寝ているだけである。 ヒマである。 …

くも膜下出血からの生還体験記7

9月21日(日曜日) 通風まだ痛い。 何で重なるんだろう。 くも膜下出血だけじゃ足りないのか? 明日検査予定であった検査が 24日と突然言われた。 治療が先に進まず、 「どうなってんだい!」 と心で叫んだ…

くも膜下出血からの生還体験記6

9月17日(水曜日) MRIの検査結果。 まだ血管が細いということで、 9月19日に今後どうするか決めると 先生に告げられた。 リハビリで結構歩けるようになった。 リハビリの先生にわがまま言って、 電話できる場…

くも膜下出血からの生還体験記5

9月12日(金曜日) よく眠れた。 長~い一日の始まりです。 本当にみんなに感謝です。 ありがとうございます。 状態は安静中です。 集中治療室で気づいたこと。 「生きているんではなく、生かされている…

くも膜下出血からの生還体験記4

集中治療室で安静状態が続いた。 2週間は絶対安静である。 9月8日(火曜日)に、 造影検査が予定されている。 細かく脳内を検査するということである。 くも膜下出血からの生還体験記4 9月8日(火曜日) …

くも膜下出血からの生還体験記3

ここでも運がよかったとしか言えない。 内科の先生の問診を受け、 あきらかに状態の悪い私を見て、 いろいろ励まして頂き、 脳神経外科に連絡してくれた。 少し遅い時間でしたので、 脳神経外科の先生がいるか 判らなかった…

くも膜下出血からの生還体験記2

次の日の朝。 目は覚めた。 病名は知らない。 そして、状態は良くない。 起き上がる気力もない。 妻に以前行ったことのある カイロプラクティックに 連れて行ってもらった。 自分の中では 網膜はく離の手…

くも膜下出血からの生還体験記1

写真は入院中の私の腕です。 点滴の針を刺す場所が無く色が紫色です。 とにかく点滴の針入れが大変でした。 ICUで入院中の日記より。 血圧管理はこちらで自分の為 毎日行っております。 くも膜下出血体験記はここか…

自叙伝「起業物語」

1、道なき道
2、井の中の蛙
3、恵まれた会社を辞める条件
4、はじめの一歩
5、見た目は同じ、中身は異質
6、揺れに揺れた一ヶ月間
7、時間の経過は早い
8、恐怖との葛藤
9、小心者の自己との向き合い
10、好き好き波動
11、好き好き!トロ、カルビ、格闘技
12、善は急げ!
13、一歩前進
14、新たな課題
15、意識改革
16、羽根のない鳥
17、スリルを求めしたことは?
18、興味がない!ことに好きが埋もれている
19、初心忘れるべからず
20、絵空事?
21、時代に逆行?求められるものは?
22、憧れってなに?
23、幼虫からさなぎへ
24、着眼点の違い
25、出来ない理由を箇条書きする
26、魚はいる所で釣ろう!
27、今までの常識って何?
28、濃縮された汗
29、社会貢献って?
30、解き明かされていく全体像
31、不自由人な私
32、喜ぶ顔が浮かぶか?
33、利益なきビジネスは無能なり
34、またまた営業
35、サイフの紐がゆるむ瞬間
36、想定内は怖くない
37、自らつかんだ人脈
38、未熟なやわらかい頭を使う
39、アウトプット前提でインプットをたくさんする
40、自分の嫌を排除
41、嫌を箇条書き
42、「嫌」を出した次は?
43、度胸と場数がもたらす結果
44、決意の言葉
45、不気味から不安
46、スロータイム
47、血が騒ぐ
48、寂しがりやな弱虫
49、物に恐れない氣
50、未知の世界
51、実際に触れて感じる
52、焦点は未来の生活
53、人は人、自分は自分
54、さまよう羊、方向はどっち?
55、水のごとく
56、怖いとは?
57、怖いとは知らないこと
58、心構え
59、新たな仲間
60、ラポール
61、目覚めよ!もう一人の自分
62、初めてのテレアポ
63、灯りを目指せ!
64、力をセーブ!?
65、達成癖
66、焦点をもっと上に!
67、たかが2時間120分であり7200秒
68、創った道を歩く
69、潜在的ニーズは多くの人にある!
70、氣の交換
71、セールスバックの重み
72、決裁者は誰?
73、望む姿
74、自己中
75、意味ある前進
76、思考
77、どうやって登ろうかな?
78、エベレストを走る?
79、深呼吸!深呼吸!
80、電話の向こうに笑顔
81、初飛び込みは
82、勘違いは凄い力
83、場数をこなすが近道
84、それください
85、意味に気付かなければ
86、後ずさり
87、売り上げゼロ
88、自信を持って根拠を伝える
89、反省→改善→実践
90、無の境地?
91、やっとできた思考の転換
92、時間で解決できることは多い
93、出た杭の先は鉄板?とうふ?
94、すべて想定内
95、テレアポ進化
96、見えたぞ!
97、人生の転機、幸運は右か左かどっちだろう?
98、がまんの涙
99、10年先・20年先
100、次なる手
101、講師になってやろう!
102、採用してくれ!
103、東京開催!?
104、場所は品川
105、出てきたか?マイナス思考!
106、大きなカテゴリー
107、物事は楽観的に!
108、いよいよ開催
109、絶妙のタイミング!
110、海の物?山の物?
111、いけるだろう!
112、氣になる人
113、素敵な武人
114、自分自身の経験って?
115、純真な目!
116、にぎやかか?ストイックか?
117、メリットを30秒で!
118、強みとは!
119、どうすれば資本なしで勝てる?
120、間の取り合い
121、カラダを動かしながら
122、成功の影って?
123、ありがたい言霊
124、ゼロからイチ
125、元氣な店長の声
126、小さなラポール!
127、寄りつかない原因
128、自分都合
129、カラダと相談
130、重大な危機
131、目を背けないで
132、楽観的に!
133、経営の才能があればねぇ
134、練習はいくら行っても練習
135、過去の経験は宝
136、思考がおりなす事象
137、えっ!9割も
138、もう辞めてもいいや
139、日本から消えた
140、今の時代、今の日本が好き
141、カラダはここに!思考はどこへ?
142、安いには安いなりの訳がある
143、消費者の目線と経営者の目線
144、「限定」という言葉に弱い
145、朝の4 時に頭からけむりモクモク
146、不安は100%消せない
147、ぶつけちゃうよ~
148、一回位はしょうがない
149、実戦を想定
150、生涯忘れない
151、タクシーとトラック
152、まるい建物を右
153、慣れればアイスクリーム
154、やる気充填中